Excelトップへ
Excel実践編へ

2021/07/25

【業務】色付けしたセルの値の合計を求める関数



YouTubeで開く

大きな表(データベース)を確認する上で、項目を色付けしてメモすることがあるかと思います。
しかし、メモをしても自動で合計値を求めてくれたりはできません。
ということで、今回は特定の色付けしたセルのみの値の合計を求めてくれる関数の作成方法について解説しています。
※この内容は整数用の解説になっています。小数点以下も求めたい場合は、変数の型を「Long」から「Single」や「Double」にする必要があります。
違いを簡単に言うと、「Long」で宣言された変数は整数専用の部屋で、「Single」や「Double」で宣言された変数は小数点以下も計算できる部屋(浮動小数点)になります。「Single」と「Double」の違いは、入る数字の規模の違いになります。


00:00 挨拶
00:08 完成イメージ
01:56 準備
02:07 作成(colorNumberCount関数)
07:29 完成
09:04 プログラムの全体
11:02 まとめ

※ zipファイルの解凍パスワードは以下より取得してください。




 


キーワードの記入場所を確認


是非、シェアお願いします!

  リンクコピー Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
Excelトップへ
Excel実践編へ

- 関連記事 -



- おすすめ参考書 -



- 他の記事 -




Excelトップへ
Excel実践編へ