小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2024年6月28日【ID:0】

メンバー限定

【ExcelVBA】ダブルクリックでデータを移動


以下の「未完了の表」の中にあるタスク名をダブルクリックすることで、瞬時に、「完了の表」に該当するタスクを移動させる仕組みの実現方法について、解説していきます。

今回の仕組みを実現したサンプルファイルは、記事の最後にて配布しています。

特定のシート内の特定のセルをダブルクリックした時に、何かしらの処理を実行させる場合は、「シートモジュール」を活用します。
シートモジュールは、[開発]タブの中の[Visual Basic]を選択し、表示されたVBEの画面内の[プロジェクト]から、該当するシートをダブルクリックすることで、開くことができます。

他の方法ですと、該当するシートタブ上で右クリックし、表示されたメニューから[コードの表示]を選択することでも、シートモジュールを開くことができます。

次に、「セルをダブルクリックした時に実行されるイベントプロシージャ」を用意する必要があります。
そのため、シートモジュール上の[General]と書かれたリストから[Worksheet]を選択します。

恐らく、「Worksheet_SelectionChange」というイベントプロシージャが表示されるかと思います。

次に、隣のリストから[BeforeDoubleClick]を選択します。

そのようにすると、「Worksheet_BeforeDoubleClick」というイベントプロシージャが表示されるため、このプロシージャのみを残し、他は削除しても問題ございません。

この「Worksheet_BeforeDoubleClick」というイベントプロシージャが、シートモジュールが属するシート上のセルをダブルクリックした時に実行されるイベントプロシージャになります。

次に、SubからEnd Subの間に、以下のコードを記述します。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。




IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

3021934

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ