小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2024年7月5日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】重複入力できないリストを作成


以下の「役割のドロップダウンリスト(プルダウン)」に関しては、一度選択して入力した値が、リストの選択肢に表示されなくなります。

また、未割当の値に関しては、「未割当」という項目にて確認することができます。
この仕組みの作成方法について、解説していきます。


・リストの作成

まずは、以下の表の「役割」の項目に、「未割当」の範囲を参照したリストを作成します。

リストを表示させる対象の範囲を選択し、[データ]タブの中の[データの入力規則]を選択します。

表示される以下の設定画面にて、[入力値の種類]を[リスト]にし、[元の値]に「未割当」の範囲を指定します。
[元の値]を設定する場合は、テキストボックス内を選択し、その状態で、「未割当」のセルD3からD7を直接選択することで、「=$D$3:$D$7」と入力することができます。

この内容で確定することで、「未割当」の項目の内容をリスト上に表示することができます。
「未割当」の項目に、仮の値を入力することで、反映内容の確認がしやすくなります。

「未割当」の項目には空白のセルを含むため、未入力のセルがある場合は、空白が表示されてしまいます。
こちらの内容は、後に対応していきます。

ExcelVBAレベル確認

・数式で「未割当」を抽出

次に、数式を用いて、「未割当」の項目に表示する値を抽出していきます。
そのためには、まずは、リストの選択肢(役割)の一覧を用意する必要があります。
こちらでは、表の隣に一覧を用意しています。

どのように「未割当」を抽出するのかというと、用意した選択肢の一覧の内容と、リストを作成した「役割」の項目の内容を繋げてから、重複のない値のみを表示するという手順で抽出します。

イメージがしやすいように、一度、「役割」のリストの項目に、選択肢のいずれかを入力します。
直接入力してしまうと、前半で設定した[データの入力規則]の設定によっては、エラーになってしまいます。

そのため、選択肢の一覧の一部のセルを「Ctrl + C」などでコピーし、リストのセルに値のみを貼り付けて入力します。
値のみの貼り付けは、「Ctrl + Shift + V」で行えます。
万が一、このショートカットが使えない場合は、右クリックのメニューからでも、値のみを貼り付けることができます。

いくつか入力することができましたら、「役割」の項目の内容と、選択肢の一覧の内容を繋げた複数の値を、「未割当」の項目に数式で表示させます。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。




IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

3022641

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ