小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年4月3日【ID:0】

【Excel】セル参照や数式に名前を付ける「LET関数」


2021年以降のExcelでは、LET関数という関数が使えるようになりました。
この関数は、セルの参照や数式に好みの名前を付けることができるものになります。

LET関数の使い方は以下のようになります。

=LET(名前1, 名前値1, 計算または名前2, [名前値2, 計算または名前3], [名前値3, 計算または名前4], …)

では、活用例を紹介します。

【活用例】

以下のような数式があります。
この数式の内容を確認すると、「B3:E7」が繰り返し記述されていることが確認できます。

=IF(VLOOKUP(G3,B3:E7,2,0)="F",VLOOKUP(G3,B3:E7,3,0),VLOOKUP(G3,B3:E7,4,0))

このような繰り返し記述されている参照に関して、LET関数を使うことで一時的に名前を付けて定義することができます。
活用例が以下になります。

=LET(表,B3:E7,IF(VLOOKUP(G3,,2,0)="F",VLOOKUP(G3,,3,0),VLOOKUP(G3,,4,0)))

またLET関数を使うことで、より数式の内容を理解しやすくなります。
LET関数では2つ以上の名前に関しても定義できます。
例えば、以下のようになります。

=LET(検索値,G3,表,B3:E7,IF(VLOOKUP(検索値,表,2,0)="F",VLOOKUP(検索値,表,3,0),VLOOKUP(検索値,表,4,0)))

さらにLET関数は、数式自体にも名前を付けることができるので、以下のようにすると数式から抽出したい内容が理解しやすくなります。

=LET(Sex,VLOOKUP(G3,B3:E7,2,0),Name1,VLOOKUP(G3,B3:E7,3,0),Name2,VLOOKUP(G3,B3:E7,4,0),IF(Sex="F",Name1,Name2))

パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2758558

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】テーブルを使った集計方法

【Excel】入力確定後の移動先

【Excel】データの確認には画面分割

【Excel】2重の円グラフ(詳細と小計)を作成

【ExcelVBA】選択した行を自動で色付け

【Excel】瞬時に合計を求める

【Excel】更新箇所を自動で色付け

【Excel】特定の値の表示非表示を切り替える

【Excel】スピンボタンでデータ抽出

【Excel】表の最終行を選択するリンクを作成

【Excel】ピボットテーブルの表示形式

【Excel】特定の文字を一括で色付けする方法 2選

【Excel】セルの入力を取り消す

【Excel】セル内にミニグラフを作成「スパークライン」

【Excel】スピルを活用して品名単位で数量を集計

【Excel】再利用するための瞬時に値を削除できる設定

【Excel】簡易的な検索機能を数式のみで実現

【Excel】グラフの軸の「データのない日付」を非表示にする

【Excel】区切られた文字列から文字を抽出

【Excel】XLOOKUP関数でスピルを活用

【Excel】「文字列の数字」が入力されたセルを色付け

【ExcelVBA】表の先頭にデータを追加する機能(ノーコード)

【Excel・Googleスプレッドシート】ExcelファイルをGoogleスプレッドシートで開くと…!?

【Excel】連続した文字の色を自動で薄くする

【Excel】ユーザー設定リストを使って効率化





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ