Excel基礎

トップ > Excel > Excel基礎 > 記事
Excelトップへ
Excel基礎一覧へ



2022年12月29日【ID:0】

メンバー限定

【ex21】作成したマクロにショートカットキーを設定


こちらでは、作成したマクロを効率よく呼び出すためのショートカットキーに割り当てる方法について解説しています。




・作成したマクロにショートカットキーを設定する①

まずは、一般的なCtrlキーとの組み合わせのショートカットキーの設定方法について解説していきます。

[開発]タブから[マクロ]を選択します。
※[表示]タブの中の[マクロ]でも大丈夫です。

以下の画面が表示されましたら、[オプション]を選択します。

ショートカットキーと書かれたCtrlの隣のテキストボックスに半角のアルファベットを入力します。
以下の例ですと、「a」と入力しています。

このように設定して[OK]で確定することで、「Ctrl + A」のショートカットキーが割り当てられました。
マクロに設定したショートカットキーは、既存のショートカットキーよりも優先順位が高くなります。
そのため、通常の「Ctrl + A」の全選択は無効になり、マクロ「test」が実行されるようになります。

ちなみに、設定時にShiftキーを押しながら半角のアルファベットを入力すると、以下のように「Ctrl + Shift」のショートカットキーが設定できます。

他、VBAでショートカットキーを設定する場合は以下のように記述します。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。



IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます

パソコンで開く場合は、リンクコピーがあるのでご活用ください。



メンバー募集 メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集




リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > Excel > Excel基礎 > 記事
Excelトップへ
Excel基礎一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

1370931

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
✨困ったとき✨ Excel
保護解除ツール


トップ > Excel > Excel基礎 > 記事
Excelトップへ
Excel基礎一覧へ