小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年2月21日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】○○IFS関数を使ってOR条件で求める


○○IFS関数には以下のような種類があります。

COUNTIFS
SUMIFS
MAXIFS
MINIFS
AVERAGEIFS

この中のCOUNTIFS関数でOR条件を求めていきたいと思います。
まず、COUNTIFS関数の使い方を確認します。

=COUNTIFS(検索条件範囲1, 検索条件1, [検索条件範囲2, 検索条件2], [検索条件範囲3, 検索条件3], …)

検索条件範囲とセットに検索条件を指定します。
検索条件に関しては1、2、3、…と複数設定することができます。
しかし、この複数の条件はAND条件として扱われOR条件では求めることができません。

実は「配列数式」で計算することでOR条件を求めることができます。

まずは次の表に対して、条件1の『クラス「A」性別「男」』の人数を求めていきたいと思います。

条件1のセルG8に入力すべき数式は以下の内容になります。

=COUNTIFS(E3:E12,G4,D3:D12,G6)

では、隣の条件2に関しても同様に求めていきます。
今回は配列数式を使って求めていきたいと思います。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。




IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

3022117

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ