小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年2月12日【ID:0】

【Excel】COUNTIF関数などで活用できる条件式


主に、これらがCOUNTIF関数で扱える条件式になります。
他にも、COUNTIFS関数、SUMIF関数、SUMIFS関数などにも同様に設定できます。

文字列と一致する条件の場合は、ダブルクォーテーション「"」で文字列を囲みます。

=COUNTIF(C3:C12,"男") // "男"の場合
=COUNTIF(C3:C12,A1) // セルA1の値の場合

数値と一致する条件の場合は、数値を直接入力します。
※ダブルクォーテーション「"」で囲んでいても正しく判定されます。

=COUNTIF(E3:E12,31) // 31の場合
=COUNTIF(E3:E12,A1) // セルA1の値の場合

数値に対して、以上や以下などの条件にしたい場合は、ダブルクォーテーション「"」で不等号を含めた全体を囲みます。

// >=:以上  <=:以下  >:より大きい  <:より小さい  <>:等しくない
=COUNTIF(E3:E12,">=31") // 31以上の場合
=COUNTIF(E3:E12,">="&A1) // セルA1の値以上の場合

特定の文字を含むという条件の場合は、ワイルドカードを扱います。

// *:任意の0文字以上の文字  ?:任意の1文字
=COUNTIF(B3:B12,"*田*") // "田"を含む場合
=COUNTIF(B3:B12,"*田??") // 文末が"田○○"の場合
=COUNTIF(B3:B12,"<>*田*") // "田"を含まない場合
=COUNTIF(B3:B12,"田*") // "田"から始まる場合
=COUNTIF(B3:B12,"*"&A1&"*") // セルA1の値を含む場合

日付などの場合は、「日付の文字列」もしくは「シリアル値」で入力します。

=COUNTIF(D3:D12,">=1990/1/1") // 1990/1/1以降の場合
=COUNTIF(D3:D12,">=32874") // 1990/1/1以降の場合
=COUNTIF(D3:D12,"1990/1/1") // 1990/1/1の場合
=COUNTIF(D3:D12,32874) // 1990/1/1の場合
=COUNTIF(D3:D12,">="&A1) // セルA1の日付以降の場合

パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2262784

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】FILTER関数で必要な項目のみを抽出

【Excel】フィルターで瞬時に絞り混むショートカット

【ExcelVBA】人数分の招待状を自動で印刷

【Excel】日付の特殊なオートフィルの活用

【Excel】指定したセルを別のセルの間に移動する

【Excel】時間や時給からの給料を正しく計算

【Excel】対象月の営業開始日(終了日)を求める

【ExcelVBA】ON・OFFボタンを開発

【Excel】特定の値の表示非表示を切り替える

【Excel】特定のセルの値を複数箇所に一括入力

【Excel・Googleスプレッドシート】セルの数式を瞬時に確認

【Excel】姓と名の間に半角スペースの入力を強制

【Excel】候補に表示されない3つの隠し関数

【Excel】テンプレートは便利

【Excel】開発不要の登録フォーム

【Excel】分布を視覚化するには「ヒストグラム」

【Excel】表のデザインを自動で作成する方法 2選

【Excel】ピボットテーブルで詳細確認

【Excel】特定の項目での重複データを削除

【Excel】誰でも簡単に集計表を作成

【Excel】各担当ごとにシートを分割

【Excel】SORT(BY)関数で複数列を基準にして並べ替える

【Excel】書類などの簡易的な入力チェック

【Excel】データベースとなる表を作成するときのポイント

【Excel】入力値に応じて入力必須項目を変更





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ