小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年5月16日【ID:0】

【Excel】重複した値をマークする


名前など、あまり重複しない項目に関して、重複しているセルに色を設定する方法について解説しています。
重複した値の入力を禁止したい場合は、この前の記事にて解説しています。

では、以下の表に対して重複したセルを色付けする設定を行います。

「条件を満たしている時に特定の書式を設定する」という場合は、「条件付き書式」で設定できます。
セルの色付けをしたい対象の範囲を上(B3)から下へと選択します。

選択しましたら、[ホーム]タブの中の[条件付き書式]から[新しいルール]を選択します。

「数式を使用して、…」にて以下の数式を設定します。
※「一意の値…」から重複を簡単に色付けできますが、こちらでは応用できるように数式で作成しています。
[書式]は好みの設定を行います。

=COUNTIF($B$3:$B$10,B3)>1

この数式は、「セルB3からセルB10の中でセルB3と一致するセルの数が1個より大きい」という意味になります。
セルB3からセルB10に関しては「$B$3:$B$10」と絶対参照になっています。
そのため、下のセルB4に設定される式は、比較対象のセルB3のみ相対参照によって以下のように設定されます。

=COUNTIF($B$3:$B$10,B4)>1

これで設定が完了です。
以下のように重複している項目に関して、設定した書式を適用することができました。


[補足] ちなみに、2つ目以降に関してのみ色付けしたい場合は、以下のような数式で設定できます。

=COUNTIF($B$3:B3,B3)>1

パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2294308

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】価格の下三桁を480円または980円にする

【Excel】COUNTA関数の落とし穴と対策

【Excel】フィルターで瞬時に絞り混むショートカット

【Excel】VLOOKUPより便利なINDEX・MATCH

【Excel】完全にランダムでチーム分け

【Excel】誰でも簡単に集計表を作成

【Excel】クイックアクセスツールバーをブック単位で設定

【Excel】散布図で値が重複する場合の対策

【Excel】複数のセルを異なる区切り文字で文字結合

【Excel】締め日が20日の場合の「請求対象月」

【Excel】条件付き書式でシートの比較

【Excel】グラフの日付軸の表示設定

【Excel】再利用するための瞬時に値を削除できる設定

【Excel】選択した範囲内の改行を一括削除

【Excel】初回購入日と直近購入日を抽出

【Excel】セル参照や数式に名前を付ける「LET関数」

【Excel】VBAとOfficeスクリプトのコードを比較(対象行の削除)

【Excel】深夜退社を考慮した勤務時間の求め方

【ExcelVBA】チェックボックスを一括リセットするボタン作成

【Excel】吹き出しの図形の三角の幅を自由に調整する方法

【Excel】表の背景色を交互に変更する方法

【Excel】姓と名の間に半角スペースの入力を強制

【Excel】関数の使い方をすぐに確認する

【Word】便利な文章の選択方法

【Excel】カレンダーに休日を反映(VLOOKUP不要)





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ