小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年6月26日【ID:0】

【Excel】重複データを除いた一覧表を作成


表の特定の項目の値に対し、重複を除いた一覧表を作成する方法について解説していきます。

例えば、以下のような表から重複を除いた出身地(都道府県)を抽出した一覧表を作成していきます。

Excelのバージョンが2021以降の場合は、重複を除いた値を一覧を瞬時に取得することができる関数があります。
※古いバージョンでも出来る方法については、後で解説します。

その関数は、UNIQUE関数になります。

=UNIQUE(配列, [列の比較], [回数指定])
// 配列:対象のデータの範囲
// [列の比較]:データが列方向の場合(TRUE)、行方向の場合(FALSE[省略時])
// [回数指定]:重複していないデータのみを抽出する場合(TRUE)、重複を除いた全件を抽出する場合(FALSE[省略時])

UNIQUE関数を活用する場合は、以下のようになります。
第2引数以降を省略しているため、行方向の表で重複を除いた全件が抽出されます。
※項目名を抽出する必要がない場合は、引数の範囲から項目名を除外します。

=UNIQUE(E2:E42)

ちなみに複数列(行)を指定すると、そのデータの対象の全項目が重複していないデータのみが抽出されます。

=UNIQUE(E2:E42)

UNIQUE関数を活用して抽出した場合は、数式によって元の表が常に参照されているため、その時の値に応じて自動で更新されます。

Excel本紹介

次に、UNIQUE関数が使えない場合の方法について解説します。

まず初めに、重複を除いた一覧表を取得したい範囲を選択します。

選択後、[データ]タブの中の[並べ替えとフィルター]の[詳細設定]を選択します。

次の画面で以下のように設定します。
・ラジオボタン:[指定した範囲]を選択
・リスト範囲:自動入力(選択範囲と異なる場合は、修正する)
・抽出範囲:一覧表を表示したい先頭のセルを指定
・チェックボックス:[重複するレコードは無視する]をチェックする

設定後、[OK]で確定することで、以下のような重複を除いた一覧表が作成されます。

ちなみに、UNIQUE関数と同様に、複数の列を指定した場合は、そのデータの対象の全項目が重複していないデータのみが抽出されます。

ただ、こちらの方法の場合は、数式で元の表を直接参照しているわけではないため、自動更新されません。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2504811

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ