小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年10月6日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】新関数で文字を抽出


以下の新関数を用いた文字を抽出方法について解説していきます。

=TEXTBEFORE(対象の文字, 区切り文字)
// 対象の文字を、指定した区切り文字までの左側の文字を返す
// 指定した区切り文字が複数ある場合は、先頭にある区切り文字が基準になる
// 指定した区切り文字が存在しない場合は、エラー(#N/A)を返す
=TEXTAFTER(対象の文字, 区切り文字)
// 対象の文字を、指定した区切り文字以降の右側の文字を返す
// 指定した区切り文字が複数ある場合は、先頭にある区切り文字が基準になる
// 指定した区切り文字が存在しない場合は、エラー(#N/A)を返す

これらの関数を用いることで、特定の文字(半角スペース)で姓と名が区切られた名前を、別のセルに、姓と名で分けることができます。

=TEXTBEFORE(B4," ")
=TEXTAFTER(B4," ")

ちなみに、このように複数行に抽出したい場合は、それぞれの関数の第一引数(対象の文字)に複数の範囲を指定することで、スピルを用いて一括で抽出できます。

>スピルとは

=TEXTBEFORE(B4:B7," ")
=TEXTAFTER(B4:B7," ")

では、以下のように姓と名の値に半角スペースと全角スペースなど、異なる区切り文字が存在する場合、どのように抽出するのでしょうか。

実は、TEXTBEFORE関数やTEXTAFTER関数だけで、関数を組み合わせずに実現することができます。

実現方法は以下になります。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。



IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集 メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

1585379

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】グラフの項目の順番を逆にする

【Excel】VBAとOfficeスクリプトのコードを比較(対象行の削除)

【Word】自動で現在の日付や時刻を更新する

【Excel】重複した値の入力を禁止する

【Excel】特定の項目での重複データを削除

【Excel】文字列の数字を一括で数値にする

【Excel】改行を保持しながら値を参照する

【Excel】表の背景色を交互に変更する方法

【ExcelVBA】VBA開発でインデントが重要な理由

【Excel】セルに分数を入力する

【Excel】特定のセルに関して自分以外に入力させない

【Excel】ピボットテーブルの意外と知られていない小技3選

【Excel】シート名などの文字列からその値を参照する数式

【Excel】昇順や降順ではなく、好みの順番に並べ替える方法

【Excel】重複のない順位を割り当てる

【Excel】今日の日付の行を色付け

【Excel】重複なしでコード単位の番号を割り当てる

【Excel】勤務日数を瞬時に求める

【Excel】条件付き書式でシートの比較

【Excel】上限額を設定して支給額を自動で求める

【Excel】セル参照や数式に名前を付ける「LET関数」

【Excel】重複した値をマークする

【Excel】各担当ごとにシートを分割

【Excel】ORは「+」、ANDは「*」でも表現できる!?

【Excel】グラフタイトルにセルの値を参照させる





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ

メンバーに加入すると
多くの特典が得られます

・全作品ダウンロード
・コンテンツ閲覧管理
・チャットサポート


 詳しくはこちら 

閉じる

※メンバーページと連携すると
表示されなくなります