小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年2月17日【ID:0】

【Excel】条件式で日付を正しく判定


IF文で日付を比較したいけど正しく判定されない…
その多くは「シリアル値で比較していない」のが原因です。

Excelでは、日付はシリアル値という数値で管理されています。
※シリアル値:ある日を基準に1日を1として数えた数値

日付の入力されているセルの表示形式を"標準"にすると数値になります。
※この時に数値にならない場合は、文字列として入力されています。

そこで次のような条件式を書くと、結果は「×」になります。

「44972」という数値は「2023/2/15」を表していますが、"2023/2/15"という文字列ではないです。
これが原因で正しく判定されません。
※「=」ではなく「>=(以上)」や「>(より大きい)」などの不等号を扱う際も同様です。

そのため、日付を比較演算子で比較する場合は、文字列をシリアル値に変換する必要があります。
シリアル値に変換する関数がDATEVALUE関数です。

=DATEVALUE(日付文字列)

実際にDATEVALUE関数を使うと正しく判定されます。

※表示形式は日付形式に戻して問題ないです。

[補足]
セルの日付(シリアル値)と比較する場合は、DATEVALUE関数は不要になります。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

3033928

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ