小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年6月19日【ID:0】

【Excel】FILTER関数で複数条件指定


スピル機能を活用した関数でFILTER関数があります。
FILTER関数の使い方は以下になります。

=FILTER(配列, 含む, [空の場合])
// 指定した配列から指定の条件を満たすデータのみを抽出する
// [空の場合]は条件を満たすデータが見つからない場合に表示する内容

・使用例

=FILTER(B3:E12,D3:D12="女","")

※日付(J列)の表示形式は日付になっていないため、シリアル値が表示されています。

この活用例を見ると、条件は1つまでしか設定できないように思えます。(使用例の場合は、「性別が女」という条件のみ)
実は、FILTER関数の仕組みを理解すると複数条件でも設定することができます。

FILTER関数の仕組みは、[配列]に指定した範囲の行数(列数)と同じ数のTRUEもしくはFALSEの配列を[含む]に指定します。
上記の場合は、以下のようになります。

この[含む]の中のTRUEの箇所のみを抽出したものが以下の結果になります。

また、TRUEは0以外の数値、FALSEは0としても表現することができるので、以下のようにしても抽出することができます。
※[含む]にF列の数字を渡しています。

実際に、TRUEとFALSEの値をINT関数を使って数値で表現すると、1と0と表示されます。

このことから、複数の条件をANDで結びたい場合は「掛け算(*)」、ORで結びたい場合は「足し算(+)」で表現できることが分かります。


AND条件の活用例は以下になります。

=FILTER(B3:E12,(D3:D12="男")*(E3:E12>=DATEVALUE("1995/1/1")),"")

※日付を比較するため、DATEVALUE関数で日付をシリアル値に変換して比較しています。

OR条件の活用例は以下になります。

=FILTER(B3:E12,(D3:D12="男")+(E3:E12>=DATEVALUE("1995/1/1")),"")

3つのAND条件の活用例は以下になります。

=FILTER(B3:E12,(D3:D12="男")*(E3:E12>=DATEVALUE("1995/1/1"))*(E3:E12<=DATEVALUE("1999/12/31")),"")

パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2294965

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】吹き出しの図形の三角の幅を自由に調整する方法

【Excel】表の途中の罫線を瞬時に消す方法

【ExcelVBA】チェックボックスを一括リセットするボタン作成

【Excel】空白行を含む連続した日付の入力

【ExcelVBA】半角文字を自動で全角文字に変換

【Excel】COUNTIF関数などで活用できる条件式

【Excel】XLOOKUP関数でスピルを活用

【Excel】直近N日間のみ自動でグラフに表示

【Excel】日付の特殊なオートフィルの活用

【Excel】日付を用いた一意の番号を生成

【Excel】同じ名前のファイルを同時に開く方法

【Excel】表のデザインを自動で作成する方法 2選

【Excel】文字列の数字を一括で数値にする

【Excel】グラフに表示させるデータを瞬時に追加

【Excel】商品ごとの販売数の合計を瞬時に集計

【Excel】フィルターの設定を保存する

【Excel】組織図を簡単に作成する方法

【Excel】各支店ごとでグループ化して集計

【Excel】最終行のデータを抽出する新関数

【Excel】未来の日付のみを入力許可

【Excel】関数の使い方をすぐに確認する

【Excel】SORT(BY)関数で複数列を基準にして並べ替える

【Excel】昇順や降順ではなく、好みの順番に並べ替える方法

【Excel】書類などの簡易的な入力チェック

【Excel・Googleスプレッドシート】セルの数式を瞬時に確認





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ