小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2024年2月23日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】VLOOKUP関数でURLをリンクとして取得する


通常、VLOOKUP関数でURLを取得しても文字の情報しか取得できないため、ハイパーリンクにはなりません。
※XLOOKUP関数などの関数でも同様です。

こちらでは、取得された文字をハイパーリンクとして取得する方法について解説していきます。

文字をハイパーリンクとして取得する方法について、以下の3つに分けて解説していきます。

・取得元の文字がURLの場合
・取得元の文字がメールアドレスの場合
・取得元の文字がハイパーリンクになる文字(URLなど)でない場合

では、順番に解説していきます。


・取得元の文字がURLの場合

取得元の文字が以下のようにURLの場合は、そのURLをそのままリンクにするだけになります。

URLをそのままリンクにして表示するには、HYPERLINK関数を活用します。

=HYPERLINK(リンク先, [別名])
// リンク先:ハイパーリンクとして設定したいURLなどのリンク情報
// [別名]:ハイパーリンクとして表示させたい文字(省略時はリンク先に設定した文字が表示される)

実際に活用した例が、以下になります。

=HYPERLINK(VLOOKUP(C11,C3:D7,2,0))

このようにリンクの状態を維持して表示させることができます。


・取得元の文字がメールアドレスの場合

取得元の文字が以下のようにメールアドレスの場合は、HYPERLINK関数で単純に囲むだけでは、正しいリンクとすることができません。

メールアドレスの場合は、以下のように入力する必要があります。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。



IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2262836

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】「選択範囲内で中央」の本当の使い道

【Excel】FILTER関数で空白を空白のまま抽出する

【Excel】グラフのラベルテキストを改行する

【Excel】特定の項目での重複データを削除

【ExcelVBA】現在の日時を取得

【Excel】重複データを除いた一覧表を作成

【Excel】特定のセルに値がある場合に行全体を色付け

【Excel】日付を用いた一意の番号を生成

【Excel】特定の文字を一括で色付けする方法 2選

【Excel・Googleスプレッドシート】ExcelファイルをGoogleスプレッドシートで開くと…!?

【Excel】連続した文字の色を自動で薄くする

【Excel】グラフ上で目標値を可視化

【ExcelVBA】合格者だけに合格証を発行

【ExcelVBA】表の最終行の行番号を取得する方法

【Excel】数式が入力されているセルを自動で色付けする

【Excel】BYROW(COL)関数でスピル非対応の関数を対応させる

【Excel】グラフの軸の「データのない日付」を非表示にする

【Word】便利な文章の選択方法

【Excel】商品ごとの販売数の合計を瞬時に集計

【Excel】各支店ごとでグループ化して集計

【Excel】REPLACE関数とSUBSTITUTE関数の使い分け

【Excel】最終行のデータを抽出する新関数

【Excel】FILTER関数で離れている列を抽出

【Excel】スピンボタンで文字入力

【ExcelVBA】自作関数(ユーザー定義関数)が自動更新しない





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ