小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年12月11日【ID:0】

【Excel】色の付いたセルを瞬時に集計


以下の表のように、色の付いたデータを集計する方法について解説していきます。

予め用意されている関数で色の付いたセルを集計することは、現状できません。
そのため、フィルターにより絞り込みをして集計するのが簡単です。

まず初めに、表を選択し、[データ]タブの中の[フィルター]を選択します。
※表を選択して、「Ctrl+Shift+L」でもフィルターを設定することができます。

フィルターの設定ができましたら、色の付いているいずれかの項目のフィルターボタンを選択します。
表示されたメニューの中の[色フィルター]から該当する色を選択することで、特定の色のみに絞り込むことができます。

「フィルターを設定して、色フィルターで絞り込む」作業に関しては、一瞬で行う方法があります。
まず、絞り込みたい色の付いたセルの上で、右クリック(Shift+F10、もしくは、アプリケーションキーでも可能)します。
表示されたメニューの中の[フィルター]から[選択したセルの色でフィルター]を選択します。
※マウスを使わずに、「E」の次に「C」と入力することでも選択できます。

この操作だけで、瞬時に絞り込みができます。
この機能については、以下の記事にて詳しくまとめています。

>【Excel】フィルターで瞬時に絞り混むショートカット

絞り込み後の表示されているセルのみを集計するには、ステータスバーを活用します。

集計したいセルを選択することで、ステータスバーに集計結果が表示されます。

理想の集計結果が見つからない場合は、ステータスバー上で右クリックし、集計項目を変更することもできます。

表示されているセルのみの集計結果を数式で求めたい場合は、SUBTOTAL関数を使った方法があります。
SUBTOTAL関数については、以下の記事にて詳しくまとめています。

>【Excel】SUM関数より凄いSUBTOTAL関数とは


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

1914364

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【ExcelVBA】マークされた行を削除する

【Excel】色んな数値の連番の入力方法

【Excel】表の最終行を選択するリンクを作成

【Word】「表記ゆれ」を瞬時に修正する方法

【Excel】複数行のデータを瞬時に1列にする方法

【Excel】同じ名前のファイルを同時に開く方法

【Excel】指定の倍数で金額を求める(時間にも活用できる)

【Excel】セルに分数を入力する

【Excel】各支店ごとでグループ化して集計

【Word】特定の文字を改行に置換する

【Excel】複数のセルを異なる区切り文字で文字結合

【ExcelVBA】人数分の招待状を自動で印刷

【Excel】表の書式がコピーした際に崩れないようにする

【Excel】指定日以降でないと入力できない設定

【Excel】テーブルを使わずに自動で拡張する範囲設定

【Excel】グラフ上で目標値を可視化

【Excel】VLOOKUP関数で効率的に抽出

【Excel】特定の項目での重複データを削除

【Excel】特定の項目が特定の値の場合に行全体を色付け

【Excel】「選択範囲内で中央」の本当の使い道

【Excel】分布を視覚化するには「ヒストグラム」

【Excel】ピボットテーブルで集計値の大きい順にする

【Excel】TRUEとFALSEを理解する

【Excel】最も頻繁に出現する値を抽出

【ExcelVBA】表の先頭にデータを追加する機能(ノーコード)





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ