小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年10月31日【ID:0】

【Excel】データの確認には画面分割


Excelで大きな表を扱う際に、データの比較が大変に感じられたことないでしょうか。
Excelには、同じシート内のデータを簡単に比較ができる「分割」という機能が用意されています。
別のシートと比較する場合には、「新しいウィンドウを開く」という機能が用意されています。

・分割

「分割」という機能は、[表示]タブ内の[分割]を選択することで活用できます。

[分割]を選択すると、以下のように画面が4つに分割されます。
分割された4つの画面にて、同じシートを操作することができます。

また、画面の分割位置は、分割線をドラッグすることで移動することができます。

他にも、4つではなく2つに分割したい時は、不要な分割線をダブルクリックすることで分割を解除することができます。

ExcelVBAレベル確認

・ウィンドウ枠の固定

「分割」に似た機能で、「ウィンドウ枠の固定」という機能があります。
こちらの機能との違いは、分割された個々の画面をスクロールすることができるかどうかです。

以下の画面では、「ウィンドウ枠の固定」が設定されています。
L列とM列、14行目と15行目の間で固定していますが、スクロールバーはそれぞれに1つずつしかありません。
また、固定された位置よりも前の位置を表示することができません。

そのため、「ウィンドウ枠の固定」では、項目名(1行目)や管理番号(A列)などを固定する際に使われます。


・新しいウィンドウを開く

他のシートの内容と比較する場合は、「新しいウィンドウを開く」を活用します。

こちらでは、同じExcelファイルを別々の画面で複数開くことができます。
注意点としては、複数開いている状態で保存すると、その状態で保存されるため、次に開く際も複数開かれてしまいます。

使い終わったら、1つの画面のみを残して、他の画面を閉じてから保存すると良いです。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2466193

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Word】文頭のアルファベットが自動で大文字になる

【Excel】出社時刻と退社時刻から勤務時間を求める

【Excel】ORは「+」、ANDは「*」でも表現できる!?

【ExcelVBA】自作関数(ユーザー定義関数)が自動更新しない

【Word】自動で現在の日付や時刻を更新する

【Excel】特定の日付まで連続で入力

【Excel】商品ごとの販売数の合計を瞬時に集計

【Excel】ピボットテーブルで集計値の大きい順にする

【Excel】セル内にミニグラフを作成「スパークライン」

【Excel】表の途中に行を一瞬で挿入

【Excel】スピンボタンで文字入力

【Excel】数式のコピー時に書式をコピーしない

【Excel】クイックアクセスツールバーをブック単位で設定

【Excel】フィルターの設定を保存する

【Excel】生年月日から年齢を瞬時に求める

【Excel】タイムスケジュールを瞬時に作成

【Excel】英単語のスペルチェック機能

【Excel】SWITCH関数で「その他」を表現

【ExcelVBA】現在の日時を取得

【ExcelVBA】VBA開発でインデントが重要な理由

【ExcelVBA】VBAを使ってシートの初期設定を自動化

【Excel】VBAとOfficeスクリプトのコードを比較(対象行の削除)

【Excel】吹き出しの図形の三角の幅を自由に調整する方法

【Excel】XLOOKUP関数でスピルを活用

【Excel】ピボットテーブルで詳細確認





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ