小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2024年4月24日【ID:0】

【Excel】月単位の合計を数式で求める


以下の表は、各日付単位のイベントの参加人数をまとめた表になります。

こちらの表を元に、月単位の合計参加人数を求める数式を作成する方法について解説していきます。

まず初めに、以下のような集計結果を表示する用の表を作成します。
日付の項目に関しては、各月の1日の日付を入力しています。

上記の表の人数の項目に、集計結果を表示する数式を入力していきます。

対象のデータのみを集計するには、SUMIFS関数が便利です。
この関数の使い方は、以下の通りです。

=SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲1, 条件1, [条件範囲2, 条件2] ,[… )
// 合計対象範囲から指定した条件を満たしている対象のみの合計を返す
// 条件範囲と条件はセットで設定する
// 条件範囲2以降は、不要なら省略できる

こちらの関数を活用して、人数の項目に関して、以下の条件を満たしている対象のみの合計を求めていきます。

・日付の項目に関して、2023/10/1以降である
・日付の項目に関して、2023/10/31以前である
※2023年10月を集計する場合

「2023/10/1」という値は、以下の集計表の日付の項目の値を活用することができます。

ただ、「2023/10/31」という月末日の値は、今回用意する集計表には存在しないため、「2023/10/1」という値から求める必要があります。

特定の日付の月末日を求めるには、EOMONTH関数が便利です。
この関数の使い方は、以下の通りです。

=EOMONTH(開始日, 月)
// 開始日の(月)か月後の月末日を返す
// 開始日と同じ月の月末日を求める場合は、月に「0」と指定する

実際に、「2023/10/1」から「2023/10/31」を求める場合は、以下のようになります。

=EOMONTH(E3,0)

日付ではなく、「45230」といったシリアル値(日付を表す数値)が表示される場合は、表示形式を日付形式にすることで確認することができます。


では、SUMIFS関数EOMONTH関数を活用して月単位の合計参加人数を求めていきます。
対象の表(各日付単位のイベントの参加人数をまとめた表)に関して、今後もデータが追加されることを考慮すると、以下のような数式になります。

=SUMIFS(C:C,B:B,">="&E3,B:B,"<="&EOMONTH(E3,0))
// 合計対象範囲:C:C → 人数の列全体
// 条件範囲1:B:B → 日付の列全体
// 条件1:">="&E3 → 「>=」という「○○以上」を表す記号とセルE3の日付を「&」で結合
// 条件範囲2:B:B → 日付の列全体
// 条件2:"<="&EOMONTH(E3,0) → 「<=」という「○○以下」を表す記号とセルE3を参照してEOMONTH関数で求めた月末日を「&」で結合

後は、こちらの数式を集計表の最終行までコピーします。
※こちらの数式に関しては、集計対象の表の列全体を指定しているため、下方向にコピーした場合に関しても参照が動いてしまう可能性がありません。セルE3という集計対象月の1日の日付を参照しているセルに関してのみ、相対参照で移動します。

コピーすると以下のように求めることができます。


今回の数式の解説をまとめると、以下のようになります。

SUMIFS関数は、集計時に便利な関数なため、覚えておくと良いです。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2504692

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】値を変えずに千の位以上を表示

【Excel】マトリックス表から値を抽出する方法

【ExcelVBA】半角文字を自動で全角文字に変換

【Excel】「選択範囲内で中央」の本当の使い道

【Excel】ORは「+」、ANDは「*」でも表現できる!?

【Excel】吹き出しの図形の三角の幅を自由に調整する方法

【Excel】SUM関数より凄いSUBTOTAL関数とは

【Googleスプレッドシート】表の最終行を選択するリンク

【Excel】商品ごとの販売数の合計を瞬時に集計

【ExcelVBA】ON・OFFボタンを開発

【Excel】FILTER関数で複数条件指定

【Excel】データベースとなる表を作成するときのポイント

【Excel】表の書式がコピーした際に崩れないようにする

【Excel】グラフに表示させるデータを瞬時に追加

【Excel】重複なしでコード単位の番号を割り当てる

【Excel】特定のセルに値がある場合に行全体を色付け

【Excel】ピボットテーブルで集計値の大きい順にする

【Excel】重複した値の入力を禁止する

【Excel】簡易的な検索機能を数式のみで実現

【Excel】勤務日数を瞬時に求める

【Excel】隣接したセルの書式を自動反映させない

【Excel】テーブルのスライサー

【Excel】行ごと削除しても数式が消えない数式

【ExcelVBA】表の先頭にデータを追加する機能(ノーコード)

【Excel】空白行を含む連続した日付の入力





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ