小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年11月24日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】同じセル内の複数の値を集計


Microsoft Formsなどで複数回答したものをExcelで確認すると、以下のように同じセルに複数の値が出力されることがあります。

こちらでは、このように同じセル内に「;」区切りで入力された複数の値を集計する方法について、2通りで解説しています。

・重複した文字が含まれない場合

以下の表の項目「好きな食べ物」には、「りんご、ばなな、みかん、いちご、ぶどう」の5通りがあります。

また、これらの食べ物には「重複した文字」がありません。

この「重複した文字」とは、「もも」と「すもも」のような文字を指します。
このような「重複した文字」の要素が含まれていると、若干、集計が大変になります。
※「重複した文字」を考慮した集計方法については後半に解説しています。

「重複した文字」が含まれていない場合は、単純に「りんご」を含む件数などと求めることができます。
「○○が含まれている件数」は、COUNTIF関数を用いて求めることができます。

=COUNTIF(範囲, 検索条件)
// 範囲内で検索条件を満たしているセルの数を返す

以下の右の表に集計結果を求めていきます。

まず、セルF2の「りんご」の数について集計していきます。
「りんご」の数は、「B列の中で、「りんご」という文字が含まれるセルの数」になります。
これを数式で求めると、以下のようになります。

=COUNTIF(B:B,"*"&E2&"*")

検索条件の「"*"&E2&"*"」は、セルE2の値の左右に「*」を加えた文字「*りんご*」を表しています。
COUNTIF関数での「*」は、「0文字以上の文字」を表し、「「りんご」が含まれる」という条件になります。

この式で、以下のように集計することができます。

他の集計結果に関しては、オートフィルを活用して以下のように求めることができます。


・重複した文字が含まれる場合

次に「重複した文字」が含まれる場合です。
以下の表を元に、右側の表に集計していきます。

この表の場合、セルF2の集計結果を「B列の中で、「1」という文字が含まれるセルの数」とすると、「10」も含まれて集計されてしまいます。
そのため、少し工夫をする必要があります。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。



IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2758306

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ

メンバーに加入すると
多くの特典が得られます

・全作品ダウンロード
・コンテンツ閲覧管理
・チャットサポート


 詳しくはこちら 

閉じる

※メンバーページと連携すると
表示されなくなります