小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年8月1日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】表の順番をランダムに並べ替える


以下の表をランダムに並べ替える方法について、スピルを使わない方法とスピルを使う方法の2通りで解説していきます。

>スピルとは

・スピルを使わない方法

スピルを使わずに並べ替えるには、並べ替え機能を活用します。
ただ、元の表のままでは、ランダムに並べ替えることができないため、ランダムに並べ替える用の乱数の項目を用意します。

乱数を発生させるには、RAND関数が便利です。

=RAND()
//「0≦x<1」の範囲のxをランダムに返す

以下のように項目を追加します。

=RAND()

先頭のセルにRAND関数を入力して、表の一番下までオートフィルを活用してコピーすると良いです。

この乱数は、再計算すると自動で更新されます。
[数式]タブの[計算方法の設定]が「自動」になっていない場合は、[再計算実行]やF9キーなどで再計算すると乱数が再設定されます。


乱数の項目を追加することができましたら、乱数の項目を基準に昇順(降順)に並べ替えることで順番をランダムにすることができます。
こちらではフィルターを使って解説していきます。

表の中を選択し、「Ctrl+Shift+L」などでフィルターを設定し、以下のように昇順(降順)にします。

そのようにすることで、以下のようにランダムに並べ替えることができました。
乱数の項目を昇順(降順)にすることで、何度でも並べ替えることができます。

・スピルを使う方法

スピルを活用すると、先ほどのように昇順(降順)したりすることなく、瞬時に表を並べ替えて表示させることができます。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。



IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2262549

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ