小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年5月19日【ID:0】

【Excel】テーブルのスライサー


表に対し、毎回フィルターで絞り込む作業がある場合は、テーブルのスライサーを活用することで効率化できます。

まず初めに、テーブルの元となる表を選択します。
※表の中に空白行などがある場合は全体を選択します。

この状態で、[挿入]タブの中の[テーブル]を選択します。
ショートカットでは、「Ctrl + T」になります。

以下の画面でテーブルの範囲が問題ないことを確認したら、[OK]を選択します。
選択範囲の先頭行が項目名の場合は、「先頭行をテーブルの…」にチェックします。

作成したテーブルを選択すると、[テーブルデザイン]タブが表示されます。
必要に応じてテーブルの名前を変更します。

作成されたテーブルは、[名前ボックス]から簡単に選択できるようになります。


次に[テーブルデザイン]タブの中から[スライサーの挿入]を選択します。

表示された画面にて、絞り込み対象の項目をチェックし[OK]で確定します。

これで完成です。
後は、表示したい項目を選択するだけで絞り込みできます。
複数選択をする場合は、Ctrlキーを押しながら選択、もしくは、フィルターリセットの隣のアイコンを選択することで行えます。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2504325

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【ExcelVBA】VBA開発でインデントが重要な理由

【Excel】セル参照や数式に名前を付ける「LET関数」

【Excel】表の途中に行を一瞬で挿入

【Excel】ピボットテーブルの意外と知られていない小技3選

【Excel・Googleスプレッドシート】セルの数式を瞬時に確認

【Excel】Officeクリップボードを活用したメモ

【Excel】日付を和暦で表示する

【Excel】カレンダーに休日を反映(VLOOKUP不要)

【Excel】色んな数値の連番の入力方法

【Excel】VBAとOfficeスクリプトのコードを比較(対象行の削除)

【Excel】指定日以降でないと入力できない設定

【Word】文頭のアルファベットが自動で大文字になる

【Excel】○○IF(S)関数で使える条件式

【Excel】表の書式がコピーした際に崩れないようにする

【Excel】更新箇所を自動で色付け

【Excel】重複した値の入力を禁止する

【Excel】オートフィルのちょっとした小技

【Excel】時間や時給からの給料を正しく計算

【Excel】条件付き書式で休日を色付け

【ExcelVBA】ダブルクリックで値を切り替える方法

【Excel】行ごと削除しても数式が消えない数式

【Excel】空白行を含む連続した日付の入力

【Excel】表のデータ行や項目の位置を移動する

【ExcelVBA】人数分の招待状を自動で印刷

【Excel】表のデザインを自動で作成する方法 2選





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ