小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年2月18日【ID:0】

【Excel】値がない行(列)を自動で色付け


次の表のセル「C3:G12」に設定していきます。

「行全体の値がない」とは、対象行のC列からG列が全て空白だった場合になります。
これを数式で表現すると、3行目の場合は次のようになります。

=AND(C3="",D3="",E3="",F3="",G3="")

このように連続したセルに対して同じ条件の場合は、次のようにまとめることができます。

=AND(C3:G3="")

AND関数は、引数の各条件を全て満たしていた場合のみTRUEになります。
この条件式を条件付き書式で設定していきます。

色を付ける対象の範囲は、セル「C3:G12」になるので「C3」を基準に「G12」まで選択します。

[ホーム]→[条件付き書式]より[新しいルール]を選択します。
今回設定するのは「数式を使用して、…」です。

設定する数式は以下の内容ですが、相対参照を意識する必要があります。

=AND(C3:G3="")

この内容を設定すると、これは選択した基準のセル「C3」に適応される式になります。
隣のセル「D4」に設定させる式は次のようになります。

=AND(D3:H3="")

下のセル「C4」に設定される式は次のようになります。

=AND(C4:G4="")

このように相対的に値が変わってしまうので、C列からG列に関しては固定する必要があります。
固定する場合(絶対参照)は「$」を手前に加えます。
※F4キーを繰り返し押すと簡単に入力できます。

=AND($C3:$G3="")

ではこの式を設定していきます。
書式に関しては好みの設定をします。
※こちらでは、背景色を黄色にしています。

これで完了です。


ちなみに、列の場合は次のような式になります。
※行数を固定しています。

=AND(C$3:C$12="")

▼サンプルファイル▼


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2294365

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】ピボットテーブルで集計値の大きい順にする

【Excel】値がない行(列)を自動で色付け

【Excel】文字列の数字を一括で数値にする

【Excel】数式を短く表現する

【Excel】締め日を考慮したカレンダーの作成方法

【ExcelVBA】ダブルクリックで値を切り替える方法

【Excel・Googleスプレッドシート】セルの数式を瞬時に確認

【Excel】日付を和暦で表示する

【Excel】今日の日付の行を色付け

【Googleスプレッドシート】表の最終行を選択するリンク

【Excel】新関数で「好みの項目」を「好みの順番」で抽出する方法

【Word】文頭のアルファベットが自動で大文字になる

【Excel】表の途中の罫線を瞬時に消す方法

【Excel】姓と名の間に半角スペースの入力を強制

【Excel】累計を瞬時に求める

【Excel】フィルターの設定を保存する

【Excel】書類などの簡易的な入力チェック

【Excel】グラフ上で目標値を可視化

【Excel】データベースとなる表を作成するときのポイント

【Excel】表の行列を入れ替えて表示する

【Excel】ピボットテーブルの意外と知られていない小技3選

【Excel】未来の日付のみを入力許可

【Excel】特定のセルの値を複数箇所に一括入力

【Excel】文字列を右詰めで1つ1つの枠に割り当てる

【Excel】VLOOKUP関数で列番号を数えずに抽出





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ