小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年7月6日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】期間外のデータを非表示にする


以下の表のように、未登録期間に関しても数式を設定している場合があるかと思います。
その場合、以下の画像の場合は、2023年7月以降のデータがないにも関わらず「0」と表示されてしまっています。
※E列の年月は、各月の1日の日付が入力されています。表示形式により年と月のみを表示しています。

今回は、表(B列~C列)に登録されている最新の日付を基準に、その日付よりも後のデータに関しては非表示にする方法について解説していきます。
こちらでは条件付き書式を活用して、見た目のみ非表示にする方法について解説しています。
そのため、集計上は「0」として扱われます。

まずは、期間外を非表示にしたい範囲を上から全体的に選択し、[ホーム]タブの中の[条件付き書式]から[新しいルール]を選択します。

表示された[書式ルールの編集]画面にて、[数式を使用して、…]を選択します。
選択後、以下の数式を入力します。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。



IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2757501

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】指定の倍数で金額を求める(時間にも活用できる)

【Excel】REPLACE関数とSUBSTITUTE関数の使い分け

【Excel】日付に対応する曜日を表示

【Excel】アルファベット(A~Z)を瞬時に入力

【Excel】選択した範囲内の改行を一括削除

【Excel】条件付き書式で二重の罫線を設定

【Excel】プランごとの金額をSWITCH関数で求める

【Excel】重複した値をマークする

【Excel】INT関数とROUNDDOWN関数の違い

【Excel】スピルを使って要素単位で自動集計

【Excel】表の行列を入れ替えて表示する

【Excel】開発不要の登録フォーム

【ExcelVBA】ON・OFFボタンを開発

【Excel】数式が入力されているセルを自動で色付けする

【Excel】誤って上書き保存しないための対策

【Excel・Googleスプレッドシート】セルを囲む薄い線を非表示にする

【Excel】特定の曜日の日付を入力できないようにする

【Excel】フィルターで絞った上でトップ3を求める

【Excel】オートフィルのちょっとした小技

【Excel】数式のコピー時に書式をコピーしない

【ExcelVBA】表の最終行の行番号を取得する方法

【Windows】隠し機能「GodMode」の作成方法

【Excel】出社時刻と退社時刻から勤務時間を求める

【Excel】グラフを後から組み合わせる

【Excel】特定の項目が特定の値の場合に行全体を色付け





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ