小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年3月9日【ID:0】

【Excel】INT関数とROUNDDOWN関数の違い


INT関数・ROUNDDOWN関数

この2つの関数は似ているようで違います。
それぞれの使い方を解説します。

=INT(数値)
// 切り捨てて整数にした数値を返す
=ROUNDDOWN(数値, 桁数)
// 数値を切り捨てる

これだけ見ると、「ROUNDDOWN関数では桁数を設定できる」というだけで、それ以外の違いがないように思えます。
なので、小数点以下を切り捨てて整数のみを求める際にINT関数を用いることがあります。
しかし、INT関数とROUNDDOWN関数で求められる数はマイナス値の場合に異なります。

=INT(B3)
=ROUNDDOWN(B3,0)

INT関数の場合は、小数点以下が単純に切り捨てられるだけではなく、もとの値以下の数値で一番近い整数が返されます。
ROUNDDOWN関数では、小数点以下が単純に切り捨てられて、もとの整数部分のみが返されます。

なので、INT関数は「切り下げ」、ROUNDDOWN関数は「切り捨て」と覚えておくといいです。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2504611

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ

メンバーに加入すると
多くの特典が得られます

・全作品ダウンロード
・コンテンツ閲覧管理
・チャットサポート


 詳しくはこちら 

閉じる

※メンバーページと連携すると
表示されなくなります