小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年7月28日【ID:0】

【Excel】タイムスケジュールを瞬時に作成


以下の表のように、実施時間(分)から開始時刻と終了時刻を数式で求める方法について解説していきます。
こちらでは、実施時間は「分」である前提での数式になりますが、「時」であっても同じ理屈で作成できます。

まず、以下のような表を用意します。

一番最初の開始時刻に関しては、好みの時刻を直接入力します。

次に最初の終了時刻を求めていきます。
終了時刻は、上記の表の場合、開始時刻に10分を加えた時刻になります。
時間の計算で、指定の時間を加える場合は、TIME関数が便利です。

=TIME(時, 分, 秒)
// 時、分、秒を指定して、その時間のシリアル値を返す

時間というものは、Excel上では「シリアル値」という値で管理されています。
そのため、シリアル値に変換して加える必要があります。

>シリアル値とは

ExcelVBAレベル確認

では実際に、TIME関数を用いて求めていきます。

=C3+TIME(0,B3,0)

今回、加算する単位は「分」になります。
そのため、TIME関数の引数に関しては「分」のみを指定します。

また、TIME関数で指定する場合、桁上がりなどは自動で行われるため、以下のように気にせずに設定できます。

↓90分を加える場合はどちらでも同じ
=TIME(1,30,0)
=TIME(0,90,0)

では、次の開始時刻を求めていきます。

次の開始時刻は、前の終了時刻と同じになるかと思います。
そのため、数式で直接参照します。

=D3

残りの開始時刻と終了時刻に関しては、同じ理屈で求めることができます。
そのため、相対参照を活用して、先頭の数式を一番下までコピーすることで簡単に求められます。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2262835

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】アルファベット(A~Z)を瞬時に入力

【Excel】長い数式を改行して見やすくする

【Excel】TRUEとFALSEを理解する

【Excel】カレンダーに休日を反映(VLOOKUP不要)

【Googleスプレッドシート】行や列の固定方法

【Excel】特定の文字を基準に列を分割

【Excel】セル内にミニグラフを作成「スパークライン」

【Excel】同じ名前のファイルを同時に開く方法

【Excel】数式を短く表現する

【Excel】表のデザインを自動で作成する方法 2選

【Excel】値がない行(列)を自動で色付け

【ExcelVBA】マークされた行を削除する

【Excel】シート名などの文字列からその値を参照する数式

【Excel】上限額を設定して支給額を自動で求める

【Excel】昇順や降順ではなく、好みの順番に並べ替える方法

【Excel】数式が入力されているセルを自動で色付けする

【Excel】文字列の数字を一括で数値にする

【Excel】区切られた文字列から文字を抽出

【Excel】特定のセルの値を複数箇所に一括入力

【Excel】表記を統一する際に便利な関数7選

【Excel】IFS関数で「その他」を表現

【Excel】テーブルを使った集計方法

【Excel】シートの増減に対応した串刺し演算

【Excel】深夜退社を考慮した勤務時間の求め方

【Excel】空白行を含む連続した日付の入力





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ