小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2024年6月14日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】条件付き書式で二重の罫線を設定


以下の表では、日付が変わる位置を二重の罫線にしています。
この罫線は、条件付き書式により、自動で設定されます。

しかし、条件付き書式で設定できる罫線には、二重の罫線は存在していません。

通常の機能としては用意されていないのですが、とある方法により、二重の罫線を条件付き書式で表現することが可能になります。
今回は、その方法について解説していきます。

・通常の罫線

まずは、二重の罫線ではなく、通常の罫線を設定する方法について解説していきます。

こちらでは、以下の表を元に、日付が変わる位置に罫線を設定する条件付き書式を設定していきます。

まずは、罫線を設定する可能性がある対象の範囲(条件付き書式を設定する範囲)を選択します。
こちらでは、A~C列全体を選択し、その後にCtrlキーを押しながら、セルA1~C2を選択して、以下のように対象の範囲のみを選択します。

対象の範囲の選択ができましたら、[ホーム]タブより[条件付き書式]の[新しいルール]を選択します。

表示された条件付き書式の設定画面にて、[ルールの種類]を[数式を使用して、…]にし、条件式を入力していきます。

条件式は、選択基準のセルに対しての数式になります。
こちらの場合は、セルA3が選択基準のため、「セルA3の場合、どのような時に罫線を設定するのか」を考えていきます。
その条件とは、以下のようになります。

・セルA3とA4が一致しない場合

数式にすると「=A3<>A4」になります。
また、この条件式は、他の選択している範囲にも相対的に反映されます。

今回罫線を設定する範囲は、A~C列になるため、B列とC列の場合を考慮する必要があります。
こちらでは、日付が不一致の場合という条件を指定する必要があるため、B列やC列であっても、必ずA列を確認する必要があります。
そのため、以下のように、A列に「$」を加え、絶対参照にして、条件式を設定します。

=$A3<>$A4

設定後は、[書式]を選択し、[罫線]タブより、下側の罫線のみを指定します。

以上の設定を行ってから確定することで、以下のように、罫線を設定することができます。


・二重の罫線

では次に、二重の罫線を設定する方法について解説していきます。
先ほどの罫線とは違い、二重の罫線は、設定画面には表示されません。
そのため、考え方を変える必要があります。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。




IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

3022765

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ

メンバーに加入すると
多くの特典が得られます

・全作品ダウンロード
・コンテンツ閲覧管理
・チャットサポート


 詳しくはこちら 

閉じる

※メンバーページと連携すると
表示されなくなります