小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年4月27日【ID:0】

【Excel】特定のセルへ瞬時に移動


1000行目などに移動したい時に、地道にスクロールして移動している方、意外と多いかと思います。
移動範囲がそこまで大きくなければ大変ではありませんが、数千行や数万行といった範囲の移動はかなり大変かと思います。

実は、瞬時に移動するショートカットがあるので、そちらを紹介します。

その機能は「ジャンプ」という機能になります。
この機能は[ホーム]タブの中の[検索と選択]より扱うことができます。

この機能を呼び出すショートカットは2つあります。
・Ctrl + G
・F5

「ジャンプ」の機能は以下のような構成になっています。
[移動先]に表示されているのは、主に過去に移動した履歴になります。
表示される内容は、セルの住所やテーブル名などの名前になります。

[参照先]に遷移したいセルの住所や名前を入力して[OK]を選択することで瞬時に移動して選択することができます。

ショートカットで「ジャンプ」を呼び出すと、[参照先]が選択されるので、そのまま「A1000」といったセルの住所などを入力し、Enterキーで確定することで簡単に移動できます。

ショートカットは存在しないのですが、名前ボックスでも同じように移動することができます。
名前ボックスの場合は、定義されている名前がリストで表示されるため、特定の名前の範囲を選択する場合に便利です。

Excel本紹介

[補足] 「:(コロン)」を使うことで範囲選択、「,(カンマ)」を使うことで離れているセルや範囲の選択ができます。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2294020

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】ピボットテーブルで集計値の大きい順にする

【Excel】ORは「+」、ANDは「*」でも表現できる!?

【Excel】特定の文字を基準に列を分割

【Excel】セル内の特定の文字の数を求める

【Excel・Googleスプレッドシート】ExcelファイルをGoogleスプレッドシートで開くと…!?

【Excel】各担当ごとにシートを分割

【ExcelVBA】ActivateとSelectの違い

【Excel】フィルターの設定を保存する

【Excel】VLOOKUP関数でURLをリンクとして取得する

【Excel】色んな数値の連番の入力方法

【Excel・Googleスプレッドシート】セルの数式を瞬時に確認

【ExcelVBA】表の先頭にデータを追加する機能(ノーコード)

【ExcelVBA】現在の日時を取得

【ExcelVBA】ダブルクリックで値を切り替える方法

【Excel】重複した値の入力を禁止する

【Excel】文字列を並べ替えた時の順番

【Excel】グラフを一瞬で作成する方法

【Excel】カレンダーに休日を反映(VLOOKUP不要)

【Excel】複数の行(列)の幅を一括で調整

【Excel】区切られた文字列から文字を抽出

【ExcelVBA】マークされた行を削除する

【Excel】SORT(BY)関数で複数列を基準にして並べ替える

【Excel】重複した値をマークする

【Excel】グラフに表示させるデータを瞬時に追加

【ExcelVBA】人数分の招待状を自動で印刷





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ