小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年9月26日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】深夜退社を考慮した勤務時間の求め方


以下のような出社時刻と退社時刻、休憩時間を管理した表があります。
この表のD列の勤務時間を求める方法について解説していきます。

時刻はシリアル値という数値で管理されています。

>シリアル値とは

そのため、時刻の差は引き算で求めることができます。
単純に勤務時間を求める式は以下のようになるかと思います。

勤務時間 = 退社時刻 - 出社時刻 - 休憩時間

こちらの計算式でD列を埋めてみます。

=B3-A3-C3

そのようにすることで、勤務時間を求めることができるのですが、退社時刻が深夜の場合は求めることができません。
深夜の時刻を翌日の値として入力している場合は、求めることができますが、直接「1:30」などと入力している場合は求めることができません。

求めることができない理由は、退社時刻より出社時刻の方が大きな数値となってしまい、「退社時刻 - 出社時刻 - 休憩時間」の計算結果がマイナスになってしまうためです。

以上の理由から、退社時刻よりも出社時刻の方が大きい場合は、特殊な計算をする必要があります。
特殊な計算とはいっても複雑なものではありません。

以下の条件を加えるだけで、深夜退社でも正しく計算することができるようになります。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。



IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2294666

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ

メンバーに加入すると
多くの特典が得られます

・全作品ダウンロード
・コンテンツ閲覧管理
・チャットサポート


 詳しくはこちら 

閉じる

※メンバーページと連携すると
表示されなくなります