小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2024年6月3日【ID:0】

【Excel】表の各行に空の行を挿入


以下のような、既に値が入力されている表に対し、空の行を各行に挿入する方法について解説していきます。


こちらでは、「並べ替え」機能を活用して、表の各行に空の行を挿入していきます。
まずは、現時点でデータがある数分、表の隣の列に連番を入力します。

連番を入力する際は、先頭の行から「1」、「2」と入力し、入力した範囲を選択してから、以下の画像の○の位置をダブルクリックすることで、簡単に連番を入力することができます。

連番の入力ができましたら、入力した範囲をコピーし、表の最終行に貼り付けます。

この作業を、空の行を挿入したい数分繰り返します。

こちらでは、表の最後の行以降に、連番を2回貼り付けています。

貼り付けることができましたら、連番を入力したいずれかのセルを選択し、[データ]タブの中の[昇順]を選択することで、表の下の空の行を、表の各行の間に移動することができます。

最後に、連続した数値を入力した列全体を選択し、[Delete]キーを押して値を削除することで、表の各行に空の行を挿入することと同じことが実現ができます。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2756811

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】複数選択時のミスを無くす方法

【Excel】指定の倍数で金額を求める(時間にも活用できる)

【Excel】スピルを使って要素単位で自動集計

【Excel】フィルターの設定を保存する

【Excel】入力確定後の移動先

【Excel】行ごと削除しても数式が消えない数式

【Excel】候補に表示されない3つの隠し関数

【Excel】条件付き書式で休日を色付け

【ExcelVBA】VBAを使ってシートの初期設定を自動化

【ExcelVBA】瞬時にフィルターで絞り込み

【Excel】セル単位でパスワードを設定する

【Word】文頭のアルファベットが自動で大文字になる

【Excel】データベースとなる表を作成するときのポイント

【Excel】VBAとOfficeスクリプトのコードを比較(対象行の削除)

【Excel】色の付いたセルを瞬時に集計

【Excel】セル内にミニグラフを作成「スパークライン」

【Excel】指定した値以外のデータを瞬時に削除

【Excel】セルの値に対しアイコンを表示

【Excel】指定したセルを別のセルの間に移動する

【Excel】存在しない矢印線の作成方法

【Excel】条件付き書式でシートの比較

【Excel】特定の範囲のみを印刷

【Excel】入力値に応じて入力必須項目を変更

【Excel】値がない行(列)を自動で色付け

【Excel】特定のセルに値がある場合に行全体を色付け





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ