小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年8月28日【ID:0】

【Excel】最終行のデータを抽出する新関数


以下のような表の中の最新のデータ(最終行のデータ)を抽出したい時などに使える新関数「CHOOSEROWS」について解説していきます。

CHOOSEROWS関数は2022年8月のアップデートで公開された新しい関数になります。

=CHOOSEROWS(配列, 行番号1, [行番号2], [行番号3], …)
// 指定した配列から指定した行番号のデータを抽出する

こちらの関数に設定する行番号は、「1」なら配列の1行目の抽出、「2」なら配列の2行目の抽出という指定方法になります。
また、行番号にマイナス値を設定することで、配列の最終行から抽出することができます。

使用例は以下になります。

=CHOOSEROWS($B$3:$E$13,-1)
=CHOOSEROWS($B$3:$E$13,-2)
=CHOOSEROWS($B$3:$E$13,1)
=CHOOSEROWS($B$3:$E$13,2)

ただ、上記のような使用方法ですと、データの増減に対応できません。

データの増減に対応していないのなら、「=B14:E14」などと直接参照するのと変わりません。


そこで、対応させるために活用できるのが、「テーブル」になります。
表の中を選択し、[挿入]タブから[テーブル(Ctrl+T)]を選択して「テーブル」にします。
※「テーブル」に変換する際は、表の書式をリセットしてから行うと良いです。

テーブル名は、テーブル内のセルを選択した時に表示される[テーブルデザイン]タブの中から変更できます。

テーブルにすることで、表の範囲をテーブル名で指定できます。

=CHOOSEROWS(顧客情報,-1)
=CHOOSEROWS(顧客情報,-2)
=CHOOSEROWS(顧客情報,1)
=CHOOSEROWS(顧客情報,2)

そして、テーブルにすることで、データの増減にも対応させることができます。

Excel本紹介

[補足] 最新データを複数件を抽出したい場合は、以下のように指定します。

=CHOOSEROWS(顧客情報,-3,-2,-1)

また、行ではなく列単位で抽出したい場合は、CHOOSECOLS関数が使えます。
使い方は、ほぼほぼCHOOSEROWS関数と同じになります。

=CHOOSECOLS(配列, 列番号1, [列番号2], [列番号3], …)
// 指定した配列から指定した列番号のデータを抽出する
=CHOOSECOLS(顧客情報,-1)

パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2262839

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】グラフのラベルテキストを改行する

【Excel】COUNTIF関数などで活用できる条件式

【Excel】フィルターで絞った上でトップ3を求める

【Excel】指定した値以外のデータを瞬時に削除

【Excel】区切られた文字列から文字を抽出

【Excel】文字列を右詰めで1つ1つの枠に割り当てる

【Excel】XLOOKUP関数でスピルを活用

【Excel】分布を視覚化するには「ヒストグラム」

【Excel】住所から都道府県のみを抽出

【ExcelVBA】瞬時にフィルターで絞り込み

【Excel】新関数で「好みの項目」を「好みの順番」で抽出する方法

【Excel】表のデータ行や項目の位置を移動する

【ExcelVBA】表の最終行の行番号を取得する方法

【Excel】マトリックス表から値を抽出する方法

【Excel】吹き出しの図形の三角の幅を自由に調整する方法

【Excel】空白行を含む連続した日付の入力

【Excel】連続した文字の色を自動で薄くする

【Excel・Googleスプレッドシート】ExcelファイルをGoogleスプレッドシートで開くと…!?

【Excel】キーボードのみでフィルター操作

【Excel】表の行列を入れ替えて表示する

【Excel】直近N日間のみ自動でグラフに表示

【Excel】指定日以降でないと入力できない設定

【Excel】○○IF(S)関数で使える条件式

【ExcelVBA】人数分の招待状を自動で印刷

【Excel】値を変えずに千の位以上を表示





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ