小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年3月8日【ID:0】

【ExcelVBA】ActivateとSelectの違い


VBAの以下の違いについて解説していきます。

Range("A1").Select
Range("A1").Activate

Worksheets("Sheet1").Select
Worksheets("Sheet1").Activate

答えから言うと、単体のセルに対して行う場合は大きな違いはありません。
ただ、複数のセルやシートを選択している場合は、この2つの違いを意識する必要があります。

複数のセルを選択すると、以下のように、白い箇所とグレーの箇所が出てくると思います。

この選択範囲内の白いセルが、アクティブセルで、グレーのセルが、ただ選択されているセルになります。

シートの場合は、選択されているシート全体が白くなります。
しかし、表示されているシートは、選択されているシートのどれか1つかと思います。

以下の場合は、Sheet1が表示されています。

この表示されているシートがアクティブシートになります。

なので、複数選択の際にActivateかSelectかの違いが重要になります。
動作の違いをセルとシートに関してそれぞれ載せておきます。

セルの場合

シートの場合

[補足] ちなみに複数のシートを選択する場合は、以下のように記述します。

Worksheets(Array("Sheet1", "Sheet2", "Sheet3")).Select
// Sheet1,Sheet2,Sheet3はシート名

パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2504607

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】直近N日間のみ自動でグラフに表示

【ExcelVBA】「マクロの記録」でクラス分け

【ExcelVBA】データ登録フォームを開発する

【Excel】横方向の並べ替え

【Excel】新機能:画像をセル内に配置

【Excel】複数の行(列)の幅を一括で調整

【ExcelVBA】表の先頭にデータを追加する機能(ノーコード)

【Excel】表の書式がコピーした際に崩れないようにする

【Excel】重複なしでコード単位の番号を割り当てる

【Excel】日付の特殊なオートフィルの活用

【Excel】シートの増減に対応した串刺し演算

【Excel】ピボットテーブルの意外と知られていない小技3選

【Excel】登録データから未来を予測

【Excel】複数のセルを異なる区切り文字で文字結合

【Excel】特定のセルの値を複数箇所に一括入力

【ExcelVBA】ダブルクリックで塗りつぶしとリセットを繰り返す

【Excel】2重の円グラフ(詳細と小計)を作成

【Excel】電話番号の形式を瞬時に変換

【Excel】日付を用いた一意の番号を生成

【Excel】深夜退社を考慮した勤務時間の求め方

【Excel】実は便利な拡張子(xltx)とは

【Excel】締め日を考慮したカレンダーの作成方法

【Excel】セル内にミニグラフを作成「スパークライン」

【Excel】瞬時に合計を求める

【Excel】非表示セルを除いてコピー&ペースト





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ

メンバーに加入すると
多くの特典が得られます

・全作品ダウンロード
・コンテンツ閲覧管理
・チャットサポート


 詳しくはこちら 

閉じる

※メンバーページと連携すると
表示されなくなります