小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年3月10日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】XLOOKUP関数でスピルを活用


VLOOKUP関数をさらに便利にした関数「XLOOKUP関数」とスピルを組み合わせた方法について解説します。
XLOOKUP関数は2021以降で対応した関数になります。

そもそもXLOOKUP関数を知らない場合は、以下の記事で解説しております。

>VLOOKUP関数・INDEX関数+MATCH関数・XLOOKUP関数の違いと使い方

XLOOKUP関数が使える環境では、スピルという機能にも対応しています。
スピルは数式を入力したセルからあふれて表示させるといった機能になります。

そもそもスピルがわからないという場合は、以下の記事で解説しております。

>スピルとは?スピルの活用方法

では本題に移ります。

以下の表の社員番号から社員名を抽出する式をXLOOKUP関数で作成すると次のようになります。

=XLOOKUP(F3,B3:B8,C3:C8)
// [見つからない場合]などの引数は省略しています

この式の「C3:C8」というのが抽出範囲になります。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。



IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2294766

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ