小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年6月14日【ID:0】

【Excel】PHONETIC関数の結果を「ひらがな」にする


PHONETIC関数を使うことで、入力した文字のフリガナを取得することができます。
特に設定を変更していない場合は、以下のようにカタカナで表示されるかと思います。

PHONETIC関数で取得されるフリガナは、参照しているセルのフリガナ設定に依存します。
そのため、ひらがなにしたい場合は、参照元のセルを選択しフリガナ設定をひらがなに変更する必要があります。
フリガナ設定は、[ホーム]タブの中の[ふりがなの設定]より以下のように行えます。

ひらがな以外にも、半角カタカナなどで表示することもできます。
上記の手順より、ひらがなで設定した場合は、以下のように表示されます。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

3022635

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ