小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2024年5月17日【ID:0】

メンバー限定

【Excel】表に値を効率的に入力


以下の表のようなフォーマットがあり、赤枠の中に値を入力する作業があるとします。

値を入力する際に、1行入力したら、次の行の先頭列を選択する必要があります。
先頭列を選択する際に、毎回、カーソル(矢印)キーやマウスで選択するのは大変です。

今回は、1行入力したら一瞬で次の行を選択することができる方法について3通りで解説していきます。


(1)TabとEnterで移動

1つ目は、TabキーとEnterキーで移動する方法です。
通常、Tabキーを押すと、右隣りにカーソルが移動し、Enterキーを押すと下にカーソルが移動します。

Tabキーで右隣りへ移動した場合は、移動する前の開始の位置が記録されます。
そのため、以下のように、セルB8を基準にTabキーでセルD8まで移動した場合に関しては、開始の位置がセルB8だと記録されています。

Enterキーでの下へ移動は、記録されているセルを基準に下へ移動します。
そのため、上記の状態ですと、セルD8が選択されていますが、Enterキーでの移動先はセルB9になります。

そのため、値を入力する際に、初めに先頭列のセル(セルB8)を選択し、1行(1データ)に関しては、入力してTabキーで次の項目へ移動し、1行(1データ)の入力を終えたら、Enterキーで次の行の開始列のセルを選択するという手順を行うことで、効率的に、表に値を入力することができます。

ExcelVBAレベル確認

(2)Tabキーのみで移動

2つ目は、Tabキーのみで移動する方法です。
先ほどの方法ですと、1行(1データ)の入力後にEnterキーで確定する必要がありましたが、こちらの方法では、Tabキーのみに統一することができます。
Tabキーのみに統一する場合は、初めに入力対象の範囲全体を選択する必要があります。
そのため、表の場合は以下のように選択します。

このように選択することで、Tabキーのみで移動することができるようになります。

ちなみに、このように選択すると、Enterキーでは開始の列に戻れなくなります。
Enterキーの役割としては、下へ移動、一番下まで移動した場合は、次の列の先頭行のセルへ移動となります。

TabキーとEnterキーに関して、最後のセル(右下)まで移動した場合、次にキーを押した際には、先頭のセル(左上)に移動します。

他にも、以下のコマンドが使用できるので、セットで覚えておくと役立ちます。

・Shift + Tab:左隣へ移動
・Shift + Enter:上へ移動


(3)範囲を選択せずにTabキーのみで移動

先ほどの方法では、範囲を選択する必要がありましたが、最後、3つ目に、範囲を選択せずにTabキーのみで移動する方法について解説していきます。


続きはIT予備メンバー限定です。

メンバー限定コンテンツになります。



IT予備メンバーページと連携することで内容を確認することができます。

メンバーとは


すでにメンバーの方は、
ログインして連携してから、こちらを更新すると閲覧できます。
※連携しても確認ができない場合は、少し時間を置いてご確認ください。

ログイン(新しいタブ)
※[ログイン]→[設定]→[IT予備-連携]で連携できます


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2504696

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【ExcelVBA】人数分の招待状を自動で印刷

【Excel】表の最終行を選択するリンクを作成

【Excel】特定のセルの値を複数箇所に一括入力

【Excel】重複した値の入力を禁止する

【ExcelVBA】ダブルクリックで塗りつぶしとリセットを繰り返す

【Excel】「=」と「EXACT関数」の違いとは

【Excel】セル内にミニグラフを作成「スパークライン」

【Excel】累計を瞬時に求める

【Excel】表の途中の罫線を瞬時に消す方法

【Excel】日付を和暦で表示する

【Excel】生年月日から年齢を瞬時に求める

【Excel】特定の値の表示非表示を切り替える

【Excel】セル参照や数式に名前を付ける「LET関数」

【Excel】文字列の数字を一括で数値にする

【Excel】項目を瞬時に選択するリンクを作成

【Excel】ピボットテーブルの表示形式

【Excel】月単位の集計表を作成

【Excel】文字列を右詰めで1つ1つの枠に割り当てる

【Word】「表記ゆれ」を瞬時に修正する方法

【Excel】ピボットテーブルで集計値の大きい順にする

【Excel】VBAとOfficeスクリプトのコードを比較(対象行の削除)

【Excel】空白行を含む連続した日付の入力

【Word】好みの「組み文字」を入力する方法

【Excel】区切られた文字列から文字を抽出

【Excel】再利用するための瞬時に値を削除できる設定





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ