小技集

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ



2023年10月10日【ID:0】

【Windows】圧縮ファイルを解凍した時の小技


zipファイルなどの圧縮されたファイルを展開(解凍)すると、展開されたフォルダの中に、同じ名前のフォルダが格納されていることがあります。

上記の場合、「資料」というフォルダを圧縮した「資料」という名前のzipファイルを展開(解凍)したため、「資料」というフォルダの中に「資料」という同じ名前のフォルダが作成されてしまっています。
フォルダ自体を圧縮した時に、圧縮されたフォルダの名前を変更しなかった場合などに起こります。

この同じ名前の重複したフォルダをそのまま活用することはないかと思います。

そこで、重複したフォルダの1つを無くす方法があります。

1つ目のフォルダを開き、中に格納されている重複した名前のフォルダを、1つ上の階層にドラッグします。
→アドレスバーの該当する位置にドラッグすることで、簡単に階層を移動することができます。

これだけで、重複した片方のフォルダを無くすことができます。

同じ名前のフォルダを、同じ階層に配置できないため、1つのフォルダに自動でまとめられます。

今回のケースでは起こらないかと思いますが、同じ名前のファイルが格納されたフォルダを、こちらの方法でまとめようとすると、以下のような警告が表示されます。
※こちらは、「資料」というフォルダの中に、「資料」という「同じファイル(サンプル.xlsx、メモ.txt)が格納された」フォルダを用意して再現しています。

同じ名前のフォルダはまとめられますが、同じ名前のファイルの場合は、まとめることができないため警告が表示されます。

重複した名前のフォルダをまとめる方法の1つとして覚えておくと、役立つことがあるかと思います。


パソコンで開く場合は、記事の最後に「リンクコピー」があるためご活用ください。


メンバー募集
1分で読める小技集 1分で読める小技集





リンクの共有はこちらから行えます。

  リンクコピー Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ


- 人気の記事 -



- メンバー限定 [一覧] -



サイト累計閲覧数

2466103

有料動画講座
(買い切り)

Excel完全制覇


ちょっとした機能 便利ツール
【小技集】

【Excel】同じ名前のファイルを同時に開く方法

【Excel】グラフに表示させるデータを瞬時に追加

【ExcelVBA】自作関数(ユーザー定義関数)が自動更新しない

【Excel】表のデザインを自動で作成する方法 2選

【Excel】表の背景色を交互に変更する方法

【Excel】直近3か月をスクロールバーで表示

【Excel】日付の特殊なオートフィルの活用

【Excel】対象月の営業開始日(終了日)を求める

【Excel】スピルを活用して品名単位で数量を集計

【Excel】セル内の特定の文字の数を求める

【Googleスプレッドシート】表の最終行を選択するリンク

【Excel】未来の日付のみを入力許可

【Excel】隣接したセルの書式を自動反映させない

【Excel】行ごと削除しても数式が消えない数式

【Excel】空白行を含む連続した日付の入力

【Excel】エラーを無視して集計する

【Excel】BYROW(COL)関数でスピル非対応の関数を対応させる

【Outlook・Word】定型のあいさつ文を入力

【Excel】グラフの軸の「データのない日付」を非表示にする

【ExcelVBA】合格者だけに合格証を発行

【Excel】複数選択時のミスを無くす方法

【Excel】数式のコピー時に書式をコピーしない

【ExcelVBA】チェックボックスを一括リセットするボタン作成

【ExcelVBA】結合されているセルを色付け

【Windows】隠し機能「GodMode」の作成方法





一覧ページへ

トップ > 小技集 > 記事
小技集一覧へ
限定コンテンツ一覧へ